白樺便り

長野市富竹で開業している行政書士のブログです。日々の出来事、気になったことなどを書き記しています。
<< 夫婦別姓考<前半> | main | 2013年05月29日のつぶやき >>
夫婦別姓考<後半>
0

    【議論への意見】

       まず、前提として現に諸外国で別姓を採っている国があることは事実です。夫婦で別姓を名乗る権利が日本国憲法で保障されているかどうかは、判決を求めるため立法不作為とそれによる損害賠償を請求するための方便にすぎず、あくまで別氏か同氏かは立法論の問題にすぎません。
       そのうえで、よく聞かれる反対論として、日本の伝統的価値観や社会の崩壊を持ち出すのは見当違いです。とくに、基本的人権の尊重、民主主義、平和主義をとる日本国憲法下において、これに反する価値観を伝統という印籠によって正当化することは誤った考えです。また、社会が崩壊するといっても、同氏であることは家族の絆を強める一つの材料にしかすぎず、同じ姓だからといって家族になるわけではありません。子どもの苗字をどちらにしたらいいのか、姓が違うと夫婦を呼ぶ時に困る、などという話もありますが、子どもの氏の話は夫婦別姓が認められた後に詰めればよい話ですし、夫婦の姓など親しい間柄であればそのうち覚えられるでしょう。

       賛成派は、あくまで「選択的」として、同氏を希望する家族は同氏にすればよいし、別氏を希望する家族は別氏にすればよいと主張します。これはまさしく自己決定権に違いならないと思います。

       結局、反対派は価値観が多様化するのを恐れ、同性婚などに波及するのを恐れているのだと考えられます。あれもこれも認めると歯止めがきかなくなってしまうと。もちろん、生まれてきた時から当たり前だったことが変わることへの抵抗は理解できます。しかし、敗戦後の日本で家制度・男尊女卑・現人神である天皇がなくなったときの混乱に比べると大したものではないのではないでしょうか。
       やはり賛成派としては反対派の感情を和らげ理解を得るべく地道に根気強く活動を続けるしかないのでしょうね。といっても、
    1996年から国会で審議入りされていますが…。この議論が日本の寛容な土壌、少子化対策、発展的な社会形成へと繋がることを祈っています。
       実は、このように書いている私自身、大学入学前までは結婚により女性が名字を変えることが当たり前と信じて疑いませんでした。実際
    97%が結婚により女性が名字を変えているらしいです。結婚して子どもを持つのが当たり前って思ってましたしね。まさかこんなに未婚、非婚、あえて子どもを持たない家庭が普通になるとは思ってもみませんでした。当たり前って怖いですね。日本丸の一員としては、日本丸と日本文化の継承のため、子どもが増える社会となり持続可能な発展を維持してほしいと切に願っています。
    判例 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.shirakaba-office.com/trackback/120